>

濡れたらすぐに拭く習慣をつけてしまいましょう

キッチン編

キッチンは毎日使うので、毎日の汚れがどんどん溜まっていきやすいもの。
水回りは、水分を毎日ふき取る事で何とか綺麗に保つことが出来るものの、五徳回りは放っておくとどんどん油汚れや飛び散った煮物のつゆが固まって汚くなってしまいます。
そこで、ちょっとしたコツなのですが、火を使うお料理の際は一枚必ず濡れた雑巾を置いておきます。作業場に一枚水分を拭くための雑巾を用意してお料理をしている方は多くいらっしゃるかと思いますが、五徳回りに汚れが出るたびにその雑巾で汚れをさっと拭いてしまいます。お料理の際の汚れはその汚れが熱によってこびりつく前、液体の状態の時にふき取ってしまうと大抵は綺麗にふき取ることが出来ます。油などの場合もふき取ることが出来ますので是非お試しください。
これらの汚れ、数日放っておくだけで火の熱で乾燥されこびりついてしまい、濡れた雑巾だけではふき取れなくなってしまいます。

浴室や洗面所

水垢やカビが出来る前に水分をふき取ってしまえば、水垢やカビの汚れを防ぐことが出来ます。
これは例えば浴室だったら一番最後に浴室を使う人が最後に体を拭いたタオルでついでに水滴もふき取り、そのままタオルを洗濯機に入れてしまうと、いつも快適な浴室を保つことが出来ます。カビの溜まりやすい風呂椅子の裏などは、風呂椅子をひっくり返しておくとカビの発生を防ぐことが出来ます。
洗面所も同じく、使ったら水滴を綺麗にふき取って、ふき取ったタオルはそのまま洗濯に出してしまう事。
ただし、トイレだけは一日の終わりに感謝を込めて毎日掃除をした方が良いかもしれません。
毎日何回も使うトイレをそのたびに綺麗に掃除をしていたら、いくらついでとはいえ少々面倒くさいですね。あまりに汚してしまった場合はその場でふき取る位に楽に考えましょう!トイレも毎日掃除をしていると清潔さを保つことが出来ます。


この記事をシェアする